税理士による会社設立サポートとは - 知っておきたい会社設立サポート情報

HOME » 会社設立サポート情報 » 税理士による会社設立サポートとは

税理士による会社設立サポートとは

税理士は税金の専門家ですから、会社設立とは関係ないように思えるかもしれません。
しかしこの専門家による会社設立サポートも一般的です。
税理士が頼られることが多いのは、会社設立の手続きの後半ですね。
前半は会社の基本情報の決定や書類の用意、定款の作成や法務局での手続きとなり、ここまでは自力でやれることも多いんです。
それよりもややこしいことがあるのはその前半部分が終わり、一応は会社の設立が完了した後、税務署などでの届出です。

会社としての社会保障や税金の手続きのため、会社設立直後には関係各所で届出が必要になります。
そのために書類の作成も必要ですが、ここで記載すべき内容には関係する法律の規定も絡むため、個人での手続きは手間取りがちです。
コレを代行してもらうため、よく頼られるのが税理士です。
税金面や、そこから派生する各種社会保障系の会計に詳しい専門家が多く、届け出るべき内容をよく知っています。
届出に不備があるとあとで修正の手間もかかりますから、これら税金や社会保障系の手続きは税理士のサポートを受ける方も多いです。

このように税理士も会社設立サポートを行っているため、中には前半の手続きから一括でサポートをしてくれる税理士もいます。
そのような相手を頼れば、会社設立にかかる基本的な事項の決定から法務局での手続き、そしてそれらが終わった後の税務署などでの届出まで、すべてサポートを受けられます。

具体的にどのようなサポートになるかは各税理士によるものの、手続き代行を依頼できる税理士もいます。
そのような相手なら、自分で多くの手続きをする必要もなくなります。
代行はできなくても、必要な決定事項のサポートや、困ったときのコンサルサポート、書類作成のみの代行などを受けられると、会社設立がグッと楽になります。

このように税理士も会社設立に関する多くのサポートを行っていますので、税理士を頼るのもいいでしょう。
ただし、税理士は会社設立だけに特化した専門資格ではありませんので、会社設立を特に専門としている税理士を探すように気を付けてください。