会社設立サポート情報の記事一覧 - 知っておきたい会社設立サポート情報

HOME » 会社設立サポート情報

会社設立サポート情報

会社設立の前に事前にすること!

 
独立して会社設立をしたいと願う人は多いですが、事前に何をするかを考えなくてはなりません。
事前にすることと言うのは、会社の名前や事業目的などについてで、これらをあらかじめ決めておくことでスムーズに定款の作成ができるようになりますよ。
そこで、会社設立する前に事前にすることについて見ていきましょう。

 
・事前にすること:その①会社の商号を考える!
会社の名前となる商号を決めるときは、インパクトがあるもの、興味を持ちやすいもの、情報が込められているもの、記憶に残りやすいもの、優れたアイディアがあるなどのルールに沿って決めましょう。
商号の決め方には守らなければならないこともあり、会社名のどこかに株式会社を入れる、記号やアルファベット、数字も活用できる、会社の一部を示す言葉は使えないとされています。
<例>
○○株式会社、○○株式会社○○、株式会社○○などが有効。
記号については「&」や「.」、「・」なども活用できます。

 
・事前にすること:その②事業目的を考える!
事業目的を決めるときは具体的に何をする会社なのか、将来どんな事業を行いたいかなどを記載しなければなりません。
具体的に何をする会社なのかを記載するときは、会社でもっとも大きな事業をとなるものや関連の事業などを記載しましょう。
将来どんな事業を行いたいかについては明確に行いたいことを記載し、各企業にこれからどんな事業を行いたいかアピールをしておきましょう。
尚、事業目的は各企業が見ることが出来るので、何をする会社なのか、将来どんな事業を行いたいかは各2~3個ずつ記載しておいたほうがいいでしょう。
あまりにも事業目的の数が多すぎると、銀行からの融資を受けるときや取引先から不審に思われてしまうこともあるので注意が必要です。

 
これらのことを事前に決めておけば、会社設立までに時間はかからないと考えられます。
会社設立準備で時間がかかるのは主に定款の作成なので、会社名の商号や事業目的については事前にすることの中に含めておいたほうがいいでしょう。
会社設立では登記の申請をするのがもっとも時間がかかるのですが、申請が完了するまでに1週間~2週間程度かかります。
しかし、これらを事前に決めておけば手続きに時間がかかったとしても、2週間~3週間程度で会社設立が出来るのではないかと考えられます。
最短で会社設立を考えいるのであれば事前にすることをよく考えて、スムーズに手続が出来るように働きかけましょう。

会社設立時の資本金の考え方

 

会社設立時に必要となってくるのが、資本金と呼ばれるものです。
この資本金に関しては、近年特に設定する必要性がなくなり、人によっては1円起業などを行う方も増えているのが特徴となっています。
実際に1円起業は魅力的ですが、これは事業として継続するのには向きません。
どちらかというと税金対策で会社設立を行う際などに向いていると言えるでしょう。
実際のところ、資本金がほとんどない企業というのは、やはり社会からの信用や信頼も少ないです。
せっかく会社や企業として設立しても、社会が認めてくれなければ意味がありません。
それこそ取引先やクライアントとの関係にも影が見えてくるかもしれません。
そのため、資本金に関してはある程度用意しておくことが必要となります。
少なくても良いという考え方が浸透してきてはいるものの、やはりその状況でしっかりと資本金が用意できる会社・企業というのは心強いわけです。

では、資本金はどれくらい用意すれば良いのでしょうか。
これに関しては正解も不正解もありません。
会社によっては数百万円ということもあれば、数千万円ということもありますからね。
平均を見てみると300万円~3,000万円がボリュームゾーンとなっています。
幅が広いことに関しては、やはり設立する目的が違ってくるので、どうしても幅が広くなってしまいます。
単純に税金対策で会社設立をするのなら、資本金もそこまで必要ありません。
またIT関係など初期投資がそこまで必要ない事業の場合も、意外と少ないです。
大規模な事業を行う場合に、初めて数千万単位の資本金が必要となってきます。
もちろん、大企業などは数億円~数十億円の資本金を持っています。
ただ、日本にある企業の9割は中小企業のため、資本金も300万円~3,000万円となることが多いです。

この資本金に関しては、いわゆる会社の見せ金としての役割も持っています。
見せ金というのは、会社や企業が信頼を得るために、相手に見せるお金のことです。
自分から見せずとも、例えば資本金などのお金が潤沢にあれば、それだけで日本社会では信頼されることも多くなります。
そういう使い方ができるのも、資本金の特徴となっているのです。
また、資本金に関しては事業に使うということもできますが、万が一の時のために手を付けておかないということもあります。
そこはしっかりと対応しつつ、資本金をどのように設定していくのか考えてみてください。

合同会社設立手続きの流れは?

 

今回は合同会社と言うジャンルの会社設立手続きの流れについて、詳しく解説したいと思います。
会社と聞くと、一般の人が思い浮かべるのは、株式会社ではないでしょうか?
それとは別に合同会社というものがあるのを、ご存じでしょうか?
合同会社とは、比較的小規模の事業者が導入する会社形態のひとつで、株式会社よりも会社設立の手続き費用が少ないのが、メリットの一つとして挙げられます。

例えば、登記手続きをする時に必要になる登録免許税などは、株式会社を設立する場合、15万円以上かかるのに対して、合同会社の場合は最低金額は6万円で済みます。
半分以下の金額で登記手続きができるので、少額の資本で授業を始める場合は、まずは合同会社から始めているのがいいかもしれません。

会社設立の手続きは、法務の専門家に依頼すれば、全てワンストップでやってもらうことができます。
ですが、自分でやる場合は、いくつかの書類を用意して、順番に手続きを行わなければなりません。
まず、一番先に足を運ぶのが、公証人役場です。

公証人役場は、公正証書などの書類を発行するところになりますが、会社の登記手続きでも利用をします。
ここでは定款を登録することになるのですが、オーナーは事前に定款書類を作成しておく必要があります。

定款書類は、雛形がありますので、そちらを利用して、業種に合わせた内容にしておけばいいでしょう。
管轄の公証人役場によっては、承認されるかどうかの判断が分かれますので、心配であるなら専門家に作成を任せた方がいいです。

専門家に任せる場合は、委任状を書いて代理権を与えなければなりません。
委任状は、このような登記手続きの時に法的に効力を発揮する書類になります。
委任状があれば、オーナーでなくても関係者が手続きを行うことができます。

自分で手続きをやる暇がない場合は、外部の専門業者に委託した方がいいでしょう。
後は、資本金を銀行に預け入れて、法務局へ会社設立に関する必要な書類を全て提出するだけです。
日本での会社設立の手続きは、海外に比べて比較的簡素化されています。
例えば、タイで現地法人を作る場合などは、発起人を3人用意して公認会計士を雇い、ビザを取得して、会社設立総会を開く必要があります。

日本の場合は、発起人は一人で大丈夫ですので、一人株式会社という形態で法人化ができるというメリットがあります。
ただ、初めて会社設立をする人は、色々と分からないことが多いかもしれませんので、法務局や市区町村役場にある相談窓口などを、上手に活用することをお勧めします。
相談は無料ですので、そういった行政サービスは積極的に活用するべきです。
他にも色々やるべきことはありますが、まずは無事に登記手続きを終わらせることを目標にしましょう。

会社設立にはオンラインサポート

 

会社設立の際には、オンラインサポートを活用するのが便利です。
例えば、会社設立に関しては、専門家ではないとわからないこともあります。
そういう際には、行政書士や司法書士に相談することも多くなります。
また、社労士や税理士などにも相談することが多くなるでしょう。
そんな時、オンラインサポートに対応しているところであれば、かなり便利に相談していくことができます。

オンラインサポートというのは何かと言えば、簡単に言うとインターネットを活用してサポートしてもらうことを言います。
中にはチャットのようにリアルタイムで対応していることも多く、行政書士や司法書士にすぐ相談できる状態になっている会社も多いです。
特に会社設立の際には、その手のオンラインサポートがとても便利だと言えるでしょう。
また、定期的に相談したい社労士や税理士に関しても、近年はオンラインに対応していることが多くなっています。

オンラインサポートはインターネット環境があれば対応してもらえることが多いので、パソコンやスマホがあれば利用できます。
使ってみたいと思った方は、オンラインサポートに対応しているところに、まずは相談してみてください。
もちろん、相談する場合は費用もかかってくるのですが、オンラインサポートも含まれていることが近年は多くなっています。

実際に相談すればすぐに解決できるので、何か会社設立で躓いたりしても安心です。
また、日々の業務の中でも悩みが出てくれば、すぐに相談することができます。
それは会社を正常に運営していくために必要なことなのではないでしょうか。
もちろん、費用はある程度かかりますし、コストも若干高いと思う人もいるでしょう。
しかし、活用の仕方によってはとても便利になります。

そもそもオンラインサポートがあれば業務が滞りなく進められるので、そういう意味では費用対効果も高いです。
コストパフォーマンスが良いので、導入する価値は充分にあると言えるでしょう。
色々とオンラインサポートに関しては充実してきていると言えるでしょう。
わざわざ会社に専門家を呼べば手間になりますし、それなら常にオンラインで対応してもらえるようにしておいた方が良いのではないでしょうか。
じっくりとそこは考えて、正常に業務ができる環境を作っていくことも重要です。
特に専門家はかなり役立つので、活用してみてください。
業務がかなり楽になり、より効率的に事業ができるでしょう。

会社設立ができる便利なサービスとは

会社設立のために使える便利なサービスは、必要になる各種手続きを総合的にサポートしてくれるものです。
このようなサービスには提携している各種専門家が多くおり、各専門分野について総合的にカバーしてくれます。
それらの専門家陣を束ねる団体ももちろん会社設立サポートを多く手掛けており、プロと言える方達ですから、必要な手続きを漏れなく案内し、サポートしてくれますよ。
会社設立ができる便利なサービスとは ≫ Click

会社設立のための融資に関するサポート

会社設立のためには、お金が必要です。
形だけ会社を作るだけでも20万円近くかかることは多いですし、作って終わりではありませんから、その後の運転資金としてまとまったお金も必要ですよね。
それらお金がない場合は融資を受ける方が多いですが、この融資を受けるためのサポートもあります。
会社設立のための融資に関するサポート ≫ Click

ベンチャー向け会社設立サポート

会社設立サポートの中でも、ベンチャー事業に向いているものもあります。
それは、サポートの利用費用が安いものです。
簡単な質疑応答以外の会社設立サポートは、どうしても有料になるのが基本です。
具体的な料金は各サポートによりますが、その費用がなるべく安くなるものは、ベンチャー事業にも向いています。
ベンチャー向け会社設立サポート ≫ Click

税理士による会社設立サポートとは

税理士は税金の専門家ですから、会社設立とは関係ないように思えるかもしれません。
しかしこの専門家による会社設立サポートも一般的です。
税理士が頼られることが多いのは、会社設立の手続きの後半ですね。
前半は会社の基本情報の決定や書類の用意、定款の作成や法務局での手続きとなり、ここまでは自力でやれることも多いんです。
それよりもややこしいことがあるのはその前半部分が終わり、一応は会社の設立が完了した後、税務署などでの届出です。
税理士による会社設立サポートとは ≫ Click